中学生のごちゃまぜブログ

今は球体考察。隔週更新。

球体考察再走~第2夜~---I'm here発売記念

どうも。メタナイトです。
予告した通り、球体考察再走第二夜を開始させて頂きます。
私は明日百人一首となっています。
めちゃくちゃ燃えています。絶対優勝。

早速始めさせて頂きます。
範囲も予告通りテレパシー~胞子で。

 

テレパシー(てれぱしー)

衣装:ジャケット
言葉の意味:相手の心情などを五感によらないで感じとること。精神感応。

歌詞からの推測

君はふざけて

後述しますが、このジャケット姿は君を失った後です。
つまり、この君は空の上の存在と言ったところですね。
序詞でも月となった君を示唆する描写がありましたし。

「羽ばたいて」

飛行船に乗って、遥か遠くへ羽ばたいて。

大きな飛行船

この後の展開に繋がります。

 

考察

まあ、これは言う事あまり無いですね。
考察ポイントとしては「居ないはずの君」「羽ばたいて」ですね。
後は、円環の「風待つ貼り紙」でしょうか。
これは飛行船の貼り紙という事でしょうかね。

過去の考察

こんな一瞬とはおそらく君がいなくなった一瞬なのか?
川岸は対岸かな?
花火って蝶なのかな?

飛行船(ひこうせん)

衣装:ジャケット
言葉の意味:気嚢によって機体を浮かせ、尾翼等をつけ操縦可能にした航空機の一種。

歌詞からの推測

印などいらない
保証などいらない
ただ自分でいたいだけ

自分というのは君あってこその自分であり、
君がいない自分等自分ではない。
印も、保証もいらないから、君と会いたい。

そんな日々で隙間をどう塞ぐ

隙間というのはどう考えても君の事ですね。
やはり君ありきの僕、という解釈ですね。

たった数色を重ねて絵を描いていた

綴化で後述します。

 

考察

飛行船はここでは死者の乗り物として扱われています。
後に綴化やクレーターでも出てきます。
ここがある意味球体での一種のTPとなっており、
円環、綴化と並んでの重要楽曲だと捉えています。

過去の考察

やはりこの飛行船は
『潜在意識』
へと導くものだったのかな?
「摩耗して劣る=遠ざかっていく昨日」
とも読めるかも。
本当の行き先は
『黄泉へ続く、三途の川=対岸』
何度も出てくる
「仮面」ワード。
古い自分を捨てたのかな?

【悲報】

試験2週間前となり、勉強をしなくてはなりません。
大変残念ですがここまでにさせてもらいます。
すいません許してください何でもしますから
ではどうするかと言うと、第2.5夜を3/8にリリースします。
だいぶ遅くなってしまいますが、申し訳ありません。
これも試験の為なのです。許してください。
第2.5夜は対岸~胞子までをやります。
短いですけど。

 

では、次回お会い致しましょう。
さらだばー。